2018 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP Supported by JAL

トピックス- プレトーナメントリリース -

2018年6月5日

2018トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 6月12日に開幕

アメリカが男女両部門で大会3連覇を狙う

愛知県豊田市-世界のベストジュニアゴルファー87選手が各国を代表し愛知県豊田市に集結。2018 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JALが6月12日に開幕。
中京ゴルフ俱楽部石野コースが今年も開催コース。大会としては今年が26回目、女子部門も開催されるようになって5回目となる。

2018トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JALは世界で唯一のジュニアゴルフの国別対抗戦。6大陸70か国以上の中から各予選を勝ち抜いた男子15チーム、女子9チームが世界一を競う。

男子部門参加15か国-大会2連覇中のアメリカ、アルゼンチン、カナダ、コロンビア、デンマーク、イタリア、日本、韓国、メキシコ、モロッコ、ニュージーランド、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、タイ。

ウィリアム・カーダイク 大会チェアマンのコメント-「今回はアメリカチームにとって歴史的なチャンスになるだろう。今まで26年間の本大会の歴史の中で三連覇というのは一度もない。今年はその三連覇に挑戦するチームが二つ、その男女2チームが同一国アメリカである。そういう意味からもとても特別な年になるだろう。」

本大会のフォーマットは次の通り。男子の部は4選手中3人のスコアをカウント。女子の部は3選手中2人のスコアをカウント。それぞれ6月12日から15日までの4ラウンド合計スコアで競う。

過去に本大会に出場した選手の中でPGAツアーのメジャー大会(四大大会)に優勝した選手は-南アフリカのトレバー・イメルマン、ルイ・ウーストハウゼン、チャール・シュワーツェル、イギリスのジャスティン・ローズ、ダニー・ウィレット、そしてスウェーデンのヘンリック・ステンソン。

女子部門参加9か国-大会2連覇中のアメリカ、カナダ、コロンビア、イタリア、日本、韓国、ニュージーランド、南アフリカ、スウェーデン。

田頭英治 大会サブチェアマンのコメント-「今年で女子部門の開催が5年目になるが、この女子部門の成功にもたいへん喜んでいます。世界中の上位ランクの選手が集まり、質の高い素晴らしいプレーを繰り広げることが本大会の総合的なグレードをさらに高めることになると思います。」

BACK