2017 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP Supported by JAL

トピックス- プレ・トーナメント・リリース -

2017年6月1日

第25回 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 6月13日に開幕
6大陸17か国から男女各チームが集結

愛知県豊田市-世界のベストジュニアゴルファー87選手が各国を代表し愛知県豊田市に集結。2017 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JALが6月13日に開幕。

中京ゴルフ俱楽部石野コースが今年も開催コース。大会としては今年が25回目、女子は4回目となる。

田頭英治 大会サブチェアマンのコメント-「我々大会役員は、今年もまた世界中からベストジュニアゴルファーたちが集結し、国を代表して熱く戦う姿を見られることに大変感激している。アメリカチームは今年も強いようだし大会連覇を狙ってくるだろう。」

2017 トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JALは世界で唯一のジュニアゴルフの国別対抗戦。6大陸65か国以上の中から各予選を勝ち抜いた15チームが世界一を競う。

男子参加15か国-前年度優勝のアメリカ、コロンビア、デンマーク、フランス、ドイツ、ガテマラ、イタリア、日本、韓国、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、南アフリカ、タイ、ジンバブエ。

男子の部は4選手中3人のスコアをカウント。女子の部は3選手中2人のスコアをカウント。それぞれ6月13日から16日までの4ラウンド合計スコアで競う。

女子参加9か国-前年度優勝のアメリカ、オーストラリア、コロンビア、フランス、イタリア、日本、メキシコ、フィリピン、南アフリカ。

ウィリアム・カーダイク 大会チェアマンのコメント-「今年も引き続き女子の部が開催されるということにとても感激している。これで世界中の才能ある男女のジュニアゴルファーが勢ぞろいということになる。今大会で25回目を迎えるが、今年も競争の激しい熱い大会になるだろう。」

BACK