2017 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP Supported by JAL

トピックス- 第2ラウンド 日本選手団コメント -

■女子

<西村優菜選手>
ショットが昨日よりあまりしっくりきていなくて、ちょっと手を放してしまうところも多かったので、2アンダーが出ている実感が全然ないです。昨日よりチャンスについてなかったですし。でも、そのなかでスコアをまとめられたということで、昨日悪かったところを分析して調整できたことが生きたのかなと思います。2日目を終えて、チームいい位置だと思います。でも、明日がたぶん、いちばん重要になってくるので、アメリカといい争いができたらいいなと思います。今日も悪いところを分析して練習で修正し、明日もアンダーで回れるようにがんばりたいです。明日も目標は3アンダーです。個人戦でもいい位置ですが、目標の3アンダーを目指してがんばって、その結果、優勝がついてきたらいいと思います。

<佐渡山理莉選手>
今日のプレーは、全体的には良かったのですが、パー5で3パットを打って、そこだけボギーを打ってしまいました。距離は7mくらいからのもので、変なミスというか、下手くそでした。ただ、取れるところはもっとあったとは思うのですが、ボギーが少なかったので、そこは良かったなと思います。昨日、パッティングがすごく悪くて、それを昨日少し修正して、ドライバーのOBも今日はなかったので、そこがスコアが縮まった要因かなと思います。明日がいちばん重要だと思います。明日、1位じゃなくても優勝圏内に入っていられればいいなと思います。個人的には、昨日オーバーした分を全部取り返したいと思っています。最終的に、トータルアンダーパーで回りたいですね。

<古江彩佳選手>
昨日はショットが悪く、パーオンができないゴルフでしたが、今日は、昨日の終盤で気づいた、いつものスイングと違っていた部分を気をつけることができ、良くなりました。ただ、ショットは悪くなかったのですが、グリーンの下りの位置にパットを残してしまったことで、スコアを落としてしまいました。ショットがいいなかで、残りの距離の計算をもう少ししっかりとできれば良かったなと思います。下りパットを残したくないところで、グリーンの奥に行ったりということがありました。明日は、丁寧なパットをしたいですね。団体戦ではすっかり、ほかの2人に助けられています。私は、ここまでスコアを落としつづけているので、明日は、3アンダーを目標にして、がんばりたいと思います。

■男子

<三田真弘選手>
スコア的にはアンダーで良かったのですが、けっこう取りこぼしがあり、ショットの精度もいま一つでした。ただ、イーブンとアンダーでは全然違うと思うので、気持ち的には良かったと思います。明日、さらにいいスコアで回れるようにがんばります。昨日はピンばかり狙ってしまって、外してはいけない場所に外してばかりいたので、今日はミスをしても寄せられるほうに、といったことを考えながらやっていました。今日はチームの中でいちばん最初のスタートということで、いいスコアを期待されているところもあったと思います。そういう面では、もっとスコアを出せたら良かったのですが。昨日叩いたということで、まだまだチームへの貢献はできていないと思うので、あと2日間、しっかりやりたいです。

<米澤蓮選手>
昨日よりはボギーを減らすことができたと思うのですが、難しいインコースで流れに乗れず、前半の貯金を吐き出した形になりました。ティーショットがあまり良くなくて、ラフとバンカーに入る機会が多く、もったいないという感じがあります。また、アプローチもちょっと良くなくてボギーを打っていたので、そのあたりを修正したいです。昨日は縦の距離が合わなかったのですが、今日は横のミスが全体的に多かったです。セーフティーにいこうという頭はあったのですが、それ以前にショットの調子が悪かったですね。明日は、まだ60台が出ていないので、そこを目標にがんばりたいと思います。チームは2日間、いい感じで終われそうなので、後半2日間もしっかりがんばりたいです。

<植木祥多選手>
11番で暫定球を2回も打ったのですが、1球目が残っていて、15mくらいのパットが入ってのミラクルパーがありました。そういうラッキーもありながら、しっかりスコアをまとめられて良かったですね。前半は昨日の流れのまま、いい感じでスタートしたのですが、後半に急に疲れも出てきて、ドライバーが曲がってしまいました。でも、それ以外は悪くはなく、ドライバーのミスを主にパターでカバーできました。ハーフを終えて、チームのみんなのほうが良かったので、今日は厳しいかなと思ったのですが、最終的に貢献できたので良かったです。70、69とスコアは良くなってきているので、明日も今日よりいいスコアを出してチームに貢献し、個人戦でも上位に行けるように頑張りたいです。

<関藤侑嗣選手>
今日はすべてが良くない感じだったのですが、最後の18番をバーディーで終われたので良かったです。オーバーよりもイーブンパーのほうがまだ気分はいいので、絶対に入れたいと思ってがんばりました。距離は4mくらいでした。今日は短いバーディーチャンスがなくて、入らなくても普通かなというバーディーパットが多かったです。終盤では、ショットが曲がりはじめて苦労しました。でも、18番ではいろいろ意識してショットをしたのですが、まあまあだったので、明日、その最終ホールのようなショットができればいいと思います。チームはみんながんばってくれているので、ありがたいです。2日間パープレーだったので、明日こそアンダーをしっかり出せるように、落ち着いてプレーをしたいと思います。

BACK