2018 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP Supported by JAL

トピックス- 第2ラウンド 日本選手団コメント -

■女子

安田 祐香 70-70=140(-4)
「13番、14番とバーディ取れたんですけど、15番のティショットをミスしてしまって集中力が切れたというか、ボギーを取ってしまいました。16番でもアゲていたのに狙ってしまって、入ってはいけないバンカーに入ってしまいました。15番のボギーは仕方ないというところはあるけど、次のパー5でボギーはもったいなかった。あと2ホール頑張ろうと思ったんですけど、コースマネジメントが良くなかったかなと思います。予報の風向きと違う部分もあったんで難しかったです。ティショットはそうでもないけど、アイアンショットが流されたりして難しかったところはあります。韓国は、いつもショットを近くにつけられて、パターを決められ、プレッシャーというか気持ちがやられるゴルフをしてきます。私たちも日本代表で3人やってきているし、韓国も強いと思うけど、負けてられないなと思います。あと2日間あるし、全然いけると思うので切り替えて頑張りたいと思います。」

西村優菜 68-74=142(-2)
「前半でバーディチャンスにつけても、フックラインばかりでそれを全部左に外してしまった。パットのボールの転がりはよかった。ラインの読みができていないのか、左に引っ掛けているのか、自分でも分析できなかった。それで流れをつかめず、気持ちも切れてしまったのが、この結果につながっていると思います。ドライバーはティーアップされているので振り切れていなくても大丈夫ですが、アイアンショットが振れ切れていないのでぶれてしまっていた。インパクトでしっかりストライクできなかった。実は2,3週間前に左親指の付け根を疲労骨折してしまい、それをかばって、自分でも怖がって振り切れていない。今は冷やしたり、超音波の器械を借りて骨の回復を促進するようにしています。明日は最終日に向けて大事な一日ですので、今日悪かったところを分析して明日につなげるようにしたい」

古江彩佳 68-73=141(-3)
「全体的にしんどいゴルフでした。バーディも獲れなかったですし、ボギーも後半の途中までは耐えられていたんですが、3パット(13 番)をしてからリズムが崩れて。そのあとダボ(15 番)も打ったりして、すごく勿体無いゴルフだったなと思います。(15 番のダブルボギーに関して)池のところで止まっていたんですが、歩いているうちに池に入ってしまって。寄せられずの2パットでした。自分が曲げたミスのせいですね。ゴルフ自体の調子は悪くなかったんですが、ボギーを打ってからの精神的な面で弱かったかなと。バーディもこない状況で、そこでボギーがきたので焦りになったと思います。明日からはマネージメントとか心の部分で落ち着けたらなと思います。」

■男子

小寺大佑 73-67=140(-2) ※4番ホールホールインワン
「昨日と一緒で、パッティングが良くなかったです。4番はそれまでバーディ取れていなくて、前の日に自分が思ったクラブ(7番)で打ったらすごくオーバーしていたので、1つ小さいクラブ(8番)で打って左に行ったかなと思ったんですけど、入っていました。165ヤードでした。入った時は音がして、一緒にまわっていた人から入ったよと言われてわかりました。音は聞こえたんですけど、見えなかったです。ホールインワンは初めてです。ホールインワンのあとは、チャンスはあったけど入ったのは最後だけだったので、パターはやっぱり悪かったですね。パターが入ったら今日よりもっと良いスコアが出ると思います。昨日みんなが良いスコアで回ってくれたのに、僕はスコアを落としてしまったので、明日以降も60台では絶対回りたいと思います。残り2日最後まで諦めちゃいけないと思うし、毎日赤字を出すのがチームの目標なので、明日以降もそういうゴルフが出来ればと思います。個人としては、今日のゴルフで67だったので、66とか65も出ると思うし、今日より良いスコアで回りたいです。」

中島啓太 67-72=139(-3)
「昨日と比べたらティショットが不安定だったので、難しい位置からセカンドを打つ場面が多かったですね。(ティショットのミスは)右左どちらもです。今日はチャンスが少なかったですね。今日はピンポジションも厳しかったのでフェアウェイからいかないとという感じでした。すごく悔しいですね、今日は伸ばしたかったんで。(6番のボギーに関して)セカンドを狙って、左奥のバンカーの奥のアゴについちゃって。ちょんと出すしかなくて、それでアプローチも寄らずに。そこでバーディが獲れていたらよかったんですが。明日以降はもう伸ばしていきたいですね。ボギーを打たないようにしつつ、チャンスをしっかりと決められるように。(小寺選手のホールインワンに関して)凄いです。僕もそこまでバーディがなかったんですよ。そのバーディ獲ったホールで、次のティグランドに行ったときに音がして入ったので楽しくなりました。凄い気持ちが入れ替わってよかったです。僕が伸ばせていなかったので安心しました。(チーム戦で現状6打差に関して)大丈夫だと思います。一人2打縮めればすぐ追いつくので。僕はビックスコアを出すキャラじゃないので、そういうのは自分にも期待していないので、良くて67とか68で、65とかは久常くんとかに出してもらえればなと。コース的に出るかなと思いますが、狙いに行くとダメなんで、自分のゴルフをしっかりやろうと思います」

久常 涼 68-71=139(-3)
「疲れたぁ。前半3パットやアプローチが寄らず入らずで3ボギー。もうバーディは来ないし、後半でやっとイーブンに戻して、しんどかった。後半の3連続バーディ(NO.1~3)であと2つ3つは行けるかなと思ったら、4番で3パットしてボギーに。よくやるんですよ、連続バーディが来てもどこかでボギーを打って流れを悪くしてしまう。ノーボギーのゴルフができない、ボギーが多く、バーディが少ないのでアンダーパーにならない。下を向いていても仕方ないので、一緒に回っている選手と話をして、笑うようにしていました。後半最後に(NO.7,9)2つ戻せたので明日につながると思います。明日はバーディチャンスにつけて、ボギーを少なくして60台を出していきたい」

鈴木晃祐 73-71=144(+2)
「今日は結果イーブンで、目標にしていたアンダーは出なかったんですが、前半は良い内容だったと思うんですけど、後半のノーバーディというのが残念です。前半で一つOBをやってしまいました。まあOBバーディで、ボギーであがれたのは良かったんですが、OBが痛かったのでそういうところが課題かなと思います。チャンスはあったんですが決めきれなかったですね。ラインが風もあったせいか合わなかったです。最後も2〜3メートルだったんですが、決めきれずそういう日だったのかなと。前半は昨日より良かったと思いますが、後半は2回くらいピンチがあったのを凌いだので、そこらへんは良かったかなと思います。(チーム戦のスコアに関して)普通にまわれば5打差くらいなら縮められるスコアだと思うので、あまり意識せずに自分のプレーができればと。明日からもまわりのスコアを意識せずにまわれればと思います」

BACK