2017 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP Supported by JAL

トピックス- 最終ラウンド 日本選手団コメント -

■女子

<佐渡山理莉選手>
今日、出だしから3連続ボギーで苦しかったのですが、そのスタートからすると、いいフィニッシュだったかなと思います。今日は昨日のようなシャンクとまではいかないですが、パーオンが半分くらいしかなくて、ショットで苦しみました。練習のときからちょっと、良くはないなと思っていました。今日は、なかなかバーディーが来なくて、やっぱりチームに貢献したかったですね。4日間トータルでアンダーとはいかなかったですが、初日で打ちすぎたあとの3日間は、悪くなかったなとは思います。この大会は、去年も今年もいろいろな国の選手とラウンドできて、自分にはないところなども見ることができました。知るということはすごく大事なことだと思うので、この経験はありがたいと思います。

<古江彩佳選手>
ショットが良かったので、アンダーで回れました。昨日は取りたいところで取れない感じでしたが、今日もそんな感じでした。全然バーディーが取れなくて、最後の18番もやっと入ったっていう感じです。パッティングが良かったら、もうちょっといけたかもしれません。総合的には、4日間もあって、しんどくなってくるところでスコアも崩れることもあると思うのですが、逆に上げていけたというのが良かったです。個人戦で4位に上がれたのも、すごくうれしいですね。団体戦は優勝できず、悔しいですけれど、2位もうれしいです。自分の弱いところ、調子の悪いときに修正ができないところが、いまのいちばんの課題ということがわかったのは良かったです。

<西村優菜選手>
悔しいしか出てこないです。アメリカもすごいスコアを出していたので、自分がいいゴルフをしたとしても勝てたかどうかはわかりませんが、その以前に自分が最終日に崩れてしまったのが悔しいです。要因は、昨日まで良かったショットが乱れだしたのもありますし、4日間パターが良くなかったので、そのパターにショットが悪くなると、こういうスコアになるかなと思います。パッティングの技術がもうちょっとあれば、もっといい感じで戦えていたのではないかと思います。今回この大会に出てみて、やれると思ったところと差を感じたところは、半分くらいでしょうか。ショートアイアンの方向性などは、戦えている部分だと思います。来年もチャンスがあれば出たいです。リベンジしたいです。

■男子

<植木祥多選手>
4日間、すべてアンダーで回れたのは、自信になったと思います。途中、団体でトップに立っていたのはなんとなくわかっていましたが、とくに気にせず、プレーしていました。そこで伸ばせなかったのは、まだ実力不足ということですね。優勝を狙える位置にいたので、勝ちたかったです。団体戦に点数をつけるなら90点でしょうか、優勝なら100点でしたけど。今大会は、過去にすごい選手も出ていて、出場することが目標でしたし、世界のいろんな選手と回れて、しかも優勝争いをしていたおかげで、すごく上手な選手と回れたので良かったです。すごくいい経験になりました。けっこう戦えるとは思ったんですが、やっぱり、最後にボギーを打っているところは、トップの選手と違うところでしょうか。

<関藤侑嗣選手>
前半はアイアンが良くてバーディーチャンスが多く、それを決めることができていました。後半はピンチもありつつ、耐えられていたのですが、勝負どころで焦ってしまってボギーを打ったので、悔いが残ります。アメリカが伸ばしてきているのがわかっていて、バーディーを取らなきゃいけないと思っていたので、そういうところで焦ってボギーを打ったのは良くなかったなと。終わった瞬間に疲れがすごく出てきたんですが、ラウンド中は集中できていて、疲れはありませんでした。この大会は、いろんな海外の選手と回れて、とてもいい経験ができました。ティーショットの精度を上げないといけないと思いましたし、パッティングがもう少し決まれば、勝てたんじゃないかなと思います。

<米澤蓮選手>
今日は出だしからメチャクチャなゴルフになってしまった。昨日よりもいいスコアで回りたいと思っていたけど、昨日よりも10打以上多いようになってしまって、率直に悔しいですね。昨日まではいいゴルフが出来ていたし、この最終日も個人も団体も優勝を狙える位置にいたにもかかわらず自滅して、自分の力量のなさを実感しました。この世界大会で学んだことはこの先に役立つと思う。次の試合に切り替えて行きたい。

<三田真弘選手>
今日もパットが入らなかったですね。バーディは1ケだけ、そこがちょっと残念です。
ゴルフの状態がいいかどうかは、風も今日は強く吹いていたからわからないですけど、なるべくミスを少なくしようと思って、風は強かったですけど、そこを気をつけていました。いろんな風が舞っていて読むのが難しかったですね。セカンド地点とグリーンでも違うし。世界のトップジュニアと回れて、今の自分の実力がまだまだというのもしっかり分かった。自分の調整不足もあったけど、パットやアプローチがまだまだだった。タイやアメリカの選手はうまかったし、このコンディションでもボギーが少なかった。まだまだ自分に足りないところ、そこをもっとしっかり練習したい。

BACK